プロダクト VRメンタルヘルス・セルフケアシステム

2017年11月製品版リリース

VRメンタルヘルス・セルフケアシステムは、カウンセリング・セラピー技法のSATメソッドを、VR技術などを使って、スマフォアプリとしてシステム化することで、ひとりでもメンタルケアを実施できるようにしたツールです。


個人のメンタル管理、心の問題解決に向けた気づきの促進、対処法のトレーニング、コミュニケーション改善や人材育成、組織集団のメンタルヘルス改善など、人の心、メンタルに関わる様々な分野でご活用いただけます。

SATメソッドとは

SATメソッドは、筑波大学大学院人間総合科学研究科宗像恒次研究室で開発され、日本をはじめ、中国、ドイツ、オーストリアなど海外でも普及してきているカウンセリング・セラピー技法です。


精神分析を開発したフロイトが自由連想法を用いるのに対し、SATメソッドは、感情の明確化、自己イメージ連想法、心傷風景連想法等、問いかけを構造化した連想法を用いることが特徴です。


SATメソッドでは、相談者が問題(秘密)を語る必要がありません。ストレス場面を想い浮かべることで生じる身体の違和感(重い、ドキドキするなど)を、画像などイメージを使って良好感に変え、自己解決を図ります。

連想、ひらめき、直感といった右脳を機能させることで、思考ではなく言動の背後にある自らの感情や欲求を自覚し、無自覚な隠れた本当の感情や本当のあるがままの自己に気付くことができ、問題解決や自己成長を限られた時間で実現します。

VRメンタルヘルス・セルフケアシステム

VRメンタルヘルス・セルフケアシステムは、SATメソッドの特徴を活かしたシステムです。VR技術がもたらす没入感により、ひとりでもSATメソッドのセラピー効果を得ることができます。


アプリの機能は、本当のストレス原因を知ることで問題解決への動機付けを行う「アセスメント機能」、ストレス軽減を行う「ソリューション機能」、ストレス軽減の対処法を学ぶ「ラーニング機能」からなります。

利用者データの集計と統計情報

VRメンタルヘルス・セルフケアシステムは、管理サーバで集計し統計処理した利用者データを、組織の活性化や生産性向上など、組織改善に役立てることができます。